千葉県で太陽光発電を導入するなら抑えておいた方がいいポイント

千葉 太陽光発電を導入するなら、それは悪くない選択だと思います。
太平洋側に面している千葉県は、日照量も多く、発電量も多くなるからです。
ただ、それ以外の要素もありますので、詳細は、この記事を読んでから考えてみてはいかがでしょうか?

千葉の太陽光発電立地条件

千葉県は、太平洋側の気候の立地です、夏は蒸し暑い晴天が続き、冬は冬型の気圧配置が反映されて晴れて湿度の低い日が多い土地です。
全国的に見ても、平均日照時間が平均値を上回るので、太陽光発電システムを導入するには、良い土地柄と言えるでしょう。

千葉県 太陽光発電、持ち家の多さ

千葉県は勤勉な方が多いのか、資産家が多いのか、関東圏の中では、住民に比して持ち家率が高い県になっています。
太陽光発電を設置している屋根は、原則、個人住宅対象になっているので、その意味でも千葉県には潜在的な需要は高いと言えると思います。

千葉県の太陽光発電、県が積極的

千葉県は、太陽光発電のようなクリーンエネルギーの充足・拡充に熱心な県です。
平成25年度は、千葉県が県として補助金を出していないのですが、市町村では補助金に力を入れています。
例えば、千葉市では補助金を最大で9万円交付する等積極的に補助してるので、太陽光発電を導入する障壁は低いと言えるでしょう。
補助金は国も交付していますが、それに市の補助金が加算されれば、設備導入や経費に大きな差が生じるからです。
自治体が積極的ではない県も少なくないので、自治体が積極的である千葉県は太陽光発電には向いていると言えます。

千葉県 太陽光発電、県取り組み

千葉では上記したように、新エネルギーを普及させる為に例えば関連ポスターを作成したり、率先して県有の施設に太陽光発電を導入したりしています。
「環境に優しい建築物整備マニュアル」なども作成しているので、県のホームページにアクセスして、PDFでダウンロードしてみるのもいいでしょうね。
補助金についても一般ばかりではなく、事業者向けの支援制度も積極的に採用しています。

千葉県の太陽光発電、畑が多い

千葉県は、関東でも有数の農業県です、その為に畑が多くあるのですが、ここでも太陽光発電の普及の可能性があります。
それが産業用の太陽光発電の全量買取の開始です。
これまでの買取は、全て、余剰電力の買取しか認められていなかったので採算が取れませんでした。
しかし、全量買取が許可された事で、千葉県では休耕地を産業用の太陽光発電が増加しています。
全体的にみると、千葉県は日本でも有数の太陽光発電が導入しやすい地域と言えるでしょう。