太陽光発電をサンヨーで見積もりする時には何で選ぶの?

太陽光発電 サンヨー 見積もりをするならば、高出力のHITシリーズをオススメします。サンヨーは、パナソニックとの業務提携により完全子会社化しましたがHITシリーズはパナソニックにも引き継がれました。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

太陽光発電のサンヨーで見積もりはサンヨーってパナソニックに変わったの?

お答えします。サンヨーは、パナソニックとの合併前から、高出力の太陽光パネルを持つソーラーカンパニ―として有名でした。
パナソニックは、サンヨーの強みである太陽電池や蓄電池という技術を手中に収めてから、太陽光ビジネスに参入してきたのです。
もちろん、サンヨーのHITシリーズの技術は、変わらずパナソニックの売りにもなっていますから、安心して下さい。

太陽光発電 サンヨー 見積もりのHITシリーズはどこが凄いの?

お答えします。凄い、凄いと言われるサンヨーのHITシリーズですが、その技術の真骨頂は、単結晶、薄膜アモルファスシリコンと呼ばれている技術です。
通常の太陽光電池モジュールは、熱に弱いという最大の弱点があります。夏場は40℃以上にもなる屋根の上は、太陽熱電池モジュールにとっては決して心地良い環境ではありません。
真夏には、どれだけ高出力の単結晶シリコン電池でも、発電パフォーマンスは最大では30%も低下してしまうとも言われています。
実際には、太陽光電池モジュールが一番、発電力を発揮するのは、温度が25℃の時なのです。
その為に、夏場が多い沖縄よりも、気温が低めで一定の北海道の方が、年間の発電量では勝っているというデータもあります。
HITシリーズの薄膜アモルファス太陽電池は、温度特性が高く、高温でも低温でも発電力が低下しにくく出来ています。
通常の単結晶シリコン電池に比較し、年間では10%以上のエネルギーロスを抑えられると言われています。

太陽光発電のサンヨーの見積もり、サンヨーのパネルは南国向きなの?

お答えします。サンヨーのHITシリーズは、単結晶薄膜アモルファスシリコンという熱に強い太陽光電池モジュールが最大の売りです。
ですから、一年を通して、平均気温が高く苛酷な熱に曝される沖縄のような地域では、HITは、その性能を思う存分発揮する事が可能になる事でしょう。
逆に言うと、寒冷地域では、HITシリーズの特性は、そこまで活かされないという事になりますね。

太陽光発電 サンヨー 見積もりで安く購入する方法があるの?

お答えします。HITシリーズの欠点は、単結晶シリコンであり価格が高いという事がありました。
1kW辺りで50万円を超える設備投資が普通でしたので、かなり予算が高くついていたのです。
しかし、サンヨー製品を扱う、省エネットで一括見積もりすると1kW辺りの価格は、補助金込みで、4kW以上の導入45万円以下まで下げられます。
サンヨー電機時代に、HITシリーズを導入した方にとっては、かなり値下がり感を覚える事でしょう。
無論、これから、HITシリーズを導入しようという方にとっては、お得になっていると言う事は間違いありません。

太陽光発電のサンヨーの見積もり、HITシリーズは世界でも使われているの?

はい!SJ(ソーラージャーナル)によると、サンヨーのソーラーパネルは、ロンドン、テムズ川に掛かる世界最大のソーラーブリッジであるブラックフライアーズ駅では、昨年からサンヨーのHITが屋根に導入されて発電を開始しているそうです。
サンヨーのHITシリーズが日本のみならず、イギリスロンドンでも使われているのは凄いですね。