太陽光発電のシェア国内

太陽光発電 シェア、急速な拡大を続ける太陽光発電ですが、そのシェアはどのような広がりになっているのでしょうか?
一番支持されているソーラーカンパニ―を知っておく事は、かなり有益ではないでしょうか?

太陽光発電のシェア、国内市場

データは少し古く、2010年の統計になっているのですが、それによれば日本国内市場シェア一位はシャープになっていて34%です。
それに続くのが、京セラの30%、そして、三洋電機(現パナソニック)の19%、そして三菱電機の10%が続いています。
それに大きく遅れてはいますが、ソーラーフロンティアが3%、そしてカネカが3%です。
上でも書いていますが、このデータは2010年なので、現在とは随分シェアが異なると思います。

太陽光発電 シェア、強い国内メーカー

シェアで見る限りは、日本においては、国内メーカーの力がかなり高いという事が出来ます。
特に、シャープと京セラが合計して、国内シェアの3分の2を占めているというのは、かなり大きいと言えます。
シャープは、シリコン電池の生産量が大きく、価格が下げやすいというのもシェアの大きさに影響しているのでしょう。
ただ、ここには東芝などが含まれてはいません、東芝のソーラーパネルは、アメリカサンパワー社のモノです。
この点から考えると、東芝は国内メーカーとはいえ、従来のメーカーとは大分毛色が違うと言えます。
また、サンテックのような格安の海外メーカーのソーラーパネルを選択する住宅も増加しています。

太陽光発電のシェア、有名だからでは選べない

国内シェアで選ぶなら、上位3社で決まりという事になりますが、そう簡単でもないのがソーラーパネルです。
ここでは下位ですが、ソーラーフロンティアの製品はCIS太陽電池で、シリコンに比較しても影や暑さでも発電力が落ちないというメリットがあります。
例えば、縦に長い日本列島では、太平洋側と日本海側で、日照量の違いがあります。
いかに、大発電力がある太陽光パネルでも、太陽が差さなければ無力ですので、日照量が小さい地域では、発電力よりも影に強いソーラーパネルという選択もあり得ます。

太陽光発電 シェア、保証面も考えよう

一度、導入すれば長く働く、太陽光発電システムですが、それには不慮の故障が付き物ですよね。
その場合に備えての、保証も絶対に必要になります、多くのメーカーでは自然災害も保証する保険が出ています。
これは有料ではあるのですが、長い年月を考えると、必要経費と考えた方が、いいのではないかと思いますね。