太陽光発電をシャープで見積もりしてお得な事があるって本当?

太陽光発電 シャープ 見積もりは堅実な方法であると言えるでしょう。シャープはコストパフォーマンスが良いのですが、そればかりではありません。詳しくはこの記事をご覧下さい。

太陽光発電のシャープで見積もり、シャープの歴史ってどれ位?

お答えします。目の付けどころがシャープでしょ?で知られるシャープは太陽光発電の開発から半世紀を数えるソーラーカンパニ―の先駆者です。
1963年には、逸早く太陽電池の量産化に成功して、2000年には、太陽電池の生産量世界一を達成しています。
シャープの太陽光パネルは、人工衛星やメガソーラー、発電所のような苛酷な自然環境にも対応していて壊れにくい頑丈太陽電池モジュールの代表格とも言えます。

太陽光発電 シャープ 見積もりで屋根を選択できるってどういう意味?

お答えします。シャープでは、ソーラーパネルを2種類から選択できます。一つは屋根の形状に合わせて効率良く設置できる「屋根置き型」それに瓦屋根との調和を目指した「平板瓦一体型」です。
平板瓦一体型とは、瓦と同等の耐久性を持った太陽光電池モジュールです。通常、太陽光パネルと言えば、どうしても屋根の外観から浮いてしまいがちでした。
しかし、平板瓦一体型ならば、住宅の屋根に完全に溶け込んでしまうので美観を損なう事もありません。
一方の屋根置き型のソーラーパネルは、mm寸法単位で各種の種類を揃え複雑な形の屋根にも対応できますので、無駄なく発電出来るのがメリットです。

太陽光発電のシャープで見積もり、シャープのパワコンってヨソと違うの?

お答え致します。太陽光発電システムは、システムというだけあって、幾つかのパーツに分かれています。
一般には、パワーコンディショナと、昇圧装置、接続箱は別々になっていますが、シャープは、パワコン内部に、昇圧装置を内蔵しました。これにより、システムがコンパクトになっています。
また、シャープのパワコンは、屋根面毎に独立して発電を行い、発電力の間を取って最大の出力で電気を蓄えるので、電力の無駄がありません。
例えるならば、屋根三面で、90%、80%、75%というような発電力だった場合には、パワコンが出力を自動で調整して85%の出力で安定した電力変換をするのです。

太陽光発電 シャープ 見積もり、世界最高変換率の太陽光パネルって?

お答えします。EE Times の記事によると、近年、大電力のソーラーカンパニ―に押されて、元気がないシャープでしたが、2012年には人工衛星「希望」に搭載したソーラーパネルで世界最高クラスの変換効率を記録しました。
シャープは、シリコンではなく、INGAP(インジウムガリウムリン)という化合物系の電池を開発、変換効率で最大43.5%を達成、これは世界記録に並ぶ高変換率で、さらに45%を目指すそうです。
モチロン、これが直ぐに市販のシリコン系の太陽光パネルに転換できるわけではありませんが、シャープが技術力で太陽光発電業界で勢いを盛り返すの日は近いかも知れません。