太陽光発電をパナソニックで見積もりはパナソニックHITシリーズがオススメ!

太陽光発電 パナソニック 見積もりならHITシリーズがオススメです。太陽光発電システムは、意外に熱に弱いのですが、このHITシリーズは、おっと!ここからは本文でどうぞ!

太陽光発電のパナソニックの見積もりではHITシリーズに注目

太陽光発電メーカーのパナソニックで太陽光発電の見積もりを出すなら、何と言ってもHIT太陽電池をオススメします。
高価ですが、発電力の高い単結晶シリコンに独自のアモルファスシリコンを採用したハイブリット構造は、モジュール変換率18%で公称最大出力は233kWと高い出力を誇る、文字通りヒット商品なのです。

太陽光発電 パナソニック 見積もり 実は熱に弱い太陽電池

ネットのクチコミサイトの投稿ではパナソニック以外にも、東芝や三菱のような太陽光パネルの情報も沢山出て来ます。

そうなると迷いが生じて「ぶっちゃけ、パナソニックのHITは、東芝や三菱とどう違うの?」そのように考える方もいるでしょう。

そこで参考までに、太陽電池の弱点情報をお教えしましょう、実は太陽光電池のような製品は熱に弱いのです。
イメージでは、真夏こそ太陽光発電のパワーが上がりそうですが本当は、全く逆!真夏の発電力は最低で、一番発電力が上昇するのは、真冬の2月だったりするのです。
そもそも太陽光発電は、光で発電するので、太陽熱は全く関係ないどころか、高すぎると逆に太陽電池の発電効率を低下させます。
通常の太陽電池モジュールは、夏場に性能が落ちるので、年間では発電量の30%がロスするとさえ言われています。

太陽光発電はパナソニックの見積もりで決まり!

パナソニックのHITシリーズは、この太陽電池モジュールの最大の弱点に取り組み、アモルファスシリコンを採用しました。
アモルファスは、太陽熱に幅広く対応でき、太陽光パネルの天敵である真夏にも対応しています。
それにより、年平均の発電ロスを20%におさえる事に成功しているのです。
また、アモルファスシリコンは、パネル一枚当たりの発電力も高く、比較的に少ないパネル枚数で、高い発電力を得られるのも特徴です。
価格は高い傾向にありますので、国や地方公共団体の補助金を活用しましょう。

太陽光発電 パナソニック 見積もりをするなら保証も充実したパナソニック

いくら性能が良くても、屋根に設置してから壊れたら意味がありせんよね?そこでパナソニックでは、10年間保証を採用しています。
これは、太陽光発電システムの公称発電力が、81%を下回った場合には、無償で部品を交換するサービスです。
また、有償ではありますが、台風や落雷のような自然災害に対応するような補償もあります。
※ただ、地震や津波、噴火のような超自然災害には対応しない場合もありますので詳しくは販売代理店に問い合わせる必要があります。

太陽光発電をパナソニックで見積もりするとワイヤレスエネルギーモニターがついてくる

パナソニックには、発電や売電の状態を7型のワイドモニターで確認できるワイヤレスモニターが付いています。
ワイヤレスだから、部屋中、どこにでも設置できて見るのも簡単です。
また、パナソニックの大画面テレビ、ビエラの大画面でモニターを確認できたり、パソコンやスマートフォンでも確認できます。