太陽光発電を京セラで見積もり 有償だけど手厚い保証に注目!

太陽光発電を京セラで見積もりするならば、そのソーラーパネルの性能はモチロン、購入後の保証の手厚さに着目です。京セラ独自の特徴が長い目で見るとベストな選択を約束します。

太陽光発電 京セラ 見積もりでは歴史にも着目

京セラは、化石燃料によるエネルギー消費が当たり前だった、1975年、エコも考え代替エネルギーとしての太陽光の可能性を確信し、研究・開発を始めた老舗メーカーです。

1982年には、世界に先駆けて多結晶シリコン太陽電池の量産化に成功して、多結晶シリコン太陽電池を住宅用として展開しました。
1993年からは日本初住宅用の太陽光発電システムの販売を開始、京セラの歴史とはまさに住宅用太陽光発電システムの歴史なのです。

太陽光発電 京セラ 見積もり メリットは全てを一貫して製造

「歴史が古いだけっていうのは、全然魅力的じゃないよ、他に何かないの?」そのような御指摘もあるでしょう。

もちろん、京セラのセールスポイントは、ただ歴史が古いだけではありません。

ひとつには、EE Timesにれば、
「京セラは家庭用の定置型リチウムイオン蓄電システムの第二弾を製品化した。太陽光発電システムと同時に利用した場合、自家発電設備扱いにならないような設計としたことで、太陽光発電の売電価格を38円に維持できる。」と投稿されており、
最大の売電価格を追求する最新テクノロジーにも長けています。
もうひとつは、
京セラは太陽光モジュール電池の原料である、シリコンの鋳造から、細部の部品に至るまでを一貫して自社製造しています。
これによって、万が一の製品トラブルでも迅速な対応が出来ますし、コストパフォーマンスも高くなります。
幾ら、安くても、重要なパーツを他所からの供給に賄っているメーカーでは、いざ、トラブルが起きた場合のアフターケアに、どうしても不安が残りますが、京セラならば安心なのです。

太陽光発電を京セラで見積もりし安心の保証体制を受けよう。

「クチコミによれば京セラって言うと、最大でも10年保証なんでしょう?しかもお金も掛かるって聞いたよ?」

確かに、御指摘の通り京セラの太陽光発電の保証は10年間ですし、有償の保険です。
しかし、無料保証を売りにしている他のメーカーよりも保証が劣るなどと言う事は決してありません。

その理由は、保証の幅の広さで個々のパネルの出力や機器の不具合といった、他所のメーカーでも対応している部分ばかりでなく、設置工事が原因であるシステム不良、さらに、天災である落雷や台風、火事、洪水という避けられないトラブルも幅広く保証します。
この手厚い保証を受けるには、導入から1年目の無料点検と、それ以後の4年目、8年目の専門家の点検を受ける必要があります。

無償で長くても、補償の範囲が狭い保険と、有償で10年でもオールラウンドに対応する補償、どちらが比較して有益でしょう?
単純に保証期間の長さのみでなく、保証の中身を考えるなら、京セラを選ぶのは悪くない選択ではないと思えます。