太陽光発電の価格の見積もりはコスト意識が絶対必要です!!

太陽光発電 価格 見積もりをする際に単純に発電力だけで選んでいませんか?太陽光発電には複数の要素が絡みます。簡単に導入して後悔する前にこれを読んで下さい。

太陽光発電の価格の見積もりは工事費とシステムだけではないよ!

太陽光発電を導入するに当たっては、考慮しなければいけないポイントが、複数あります。
まずは、考えなければいけないのは、太陽光発電システムと施工費用ばかりが考慮しなければいけないポイントでは無いという事です。
太陽光発電には、補助金の存在があります。詳しくない方は「補助金?国の補助金でしょ?」と考えてしまいがちです。
ですが実は補助金は国ばかりではありません。県、それに市区町村も補助金を支給している場合があります。
これらは探して申請しないと下りて来ないので、簡単に考えて太陽光発電しシステムを導入してしまうと思わぬ大損をする事にもなりかねません。

太陽光発電 価格 見積もり 1kW辺り50万円というポイント

「ただ、どのメーカーの製品を依頼しても、申請さえすれば、国からの補助金は下りるんでしょう?」そのように考えている人は多いかも知れません。
太陽光発電=補助金というイメージが先行したせいで、どんなソーラーパネルでも補助金は下りると考えられていますが、実は、国の補助金の対象は、1kW辺りで、50万円以下の単価のソーラーパネルに限られます。(2013年)
これを忘れてしまうと、折角貰える補助金をフイにしてしまう事になります。

太陽光発電の価格の見積もりはパネルの枚数の計算が必要?

ひたすら大量に太陽光パネルを屋根に並べれば、発電量は確保できるでしょう。
ですが、それは余りにも、無計画過ぎますし、導入時の施工費用も沢山掛かってしまいます。
太陽光発電には、昼間の自家発電を賄って、さらに余剰電力を売電して利益が出せる最低限度のkW数があります。
これは、3kW~5kW程度で、国の補助金が出る上限である、1kWでコストを考えると、150~250万です。
3kWを下回ってしまうと、自家発電は出来ても売電までは出来ない可能性があり、初期投資が回収できなくなる恐れがあります。
ただ、1kWあたりで50万円は、かなり高額な太陽光パネルですから、もっと価格が抑えられているものを選べば、初期投資費用をさらに抑える事も出来るでしょう。

太陽光発電 価格 見積もり 参考にするなら太陽光発電見積もりサイト

実際問題として、上記のような仕組みを自力で調べるとなると時間も掛かりますし、なにより根気が必要になります。
そういう暇がない人の場合には、下記のURLを参考にして、太陽光発電価格一括見積もりサイトを参考にしてみましょう。