太陽光発電の保証でアフターケアを制する物は、太陽光発電を制する!!

太陽光発電 保証を疎かにしていませんか?20年の無料長期保証がついていればいい、というものではありません。長く付き合う商品だからこそ、万全のアフターケアを選ぶ必要があります。詳細はこの記事で分かります。

太陽光発電の保証は最低でも10年保証を選択、その理由!

皆様、こんにちは、静岡県在住のMと申します。太陽光発電と言えば、発電力だ!次世代だ!低価格だ!と色々あります。
しかし、忘れがちなのが保証ではないでしょうか?
太陽光発電は20年で無料保証が付いてはいるんですが、全ての災害に対応していない場合もありますよ。
例えば、太陽電池モジュールの保証期間は、海外メーカーだと最長25年間というようなものもありますが、国内メーカーの場合には、大体20年~10年保証というものが大体の相場です。
この10年間が一つの太陽電池モジュールの基準で、これを下回る保証期間の場合には、そもそも補助金が下りません。
国内主要メーカーの太陽光発電システムで、保証が10年を下回るものはありませんが、一応注意しておきましょう。
ただ、太陽電池モジュール以外の機器においては、その限りではないので、パワーコンディショナの保証期間が短かったり発電モニターの保証期間が1年間だけだったりという事はよくあります。

太陽光発電 保証は二つ、製品保証と出力保証サービス

太陽光発電の核であるソーラーパネルには、製品保証と出力保証が別々についている場合があります。
製品保証とは、保証期間中の故障や不具合に対応する保証です。
一方の出力保証は、ソーラーパネルの発電力が一定値を下回った場合に部品を交換して、公称発電力を回復させる保証です。
公称出力が低下すると売電量も低下して長期では大きな損失になりますから、こまめにチェックしましょう。
ただ、出力の低下は、証明する必要があるので、オカシイな、と思ったら、毎日の発電量を記録しておきましょう。

太陽光発電の保証は災害補償があるか否かを確認!

一般に太陽光発電システムの保証というのは、通常に使用している場合で使用者に落ち度がない場合に限られます。
しかし、注意すべきなのはその中には、台風や津波、落雷のような自然災害は含まれていない場合があるのです。
私は、それで失敗し、台風被害でソーラーパネルが故障、保証は適用されず、自腹修理になりました。
自然災害は、いつ起きるか分からないですので、出来れば、自然災害も保証に含まれる保険を選びましょう。
現在、自然災害を保証しているのは、(京セラ、サンテックジャパン、ソーラーフロンティアが無償で)自然災害に対応しています。
一方で、有償ながら自然災害を対象に補償しているメーカーもあります、三菱のPV-MAは、10年間の災害補償があるのでイザという時にも安心できます。
少しのお金を惜しんで、私のように自然災害に見舞われたら、泣くに泣けない事になりますよ。

太陽光発電 保証で意外に忘れがち、保証の申し込み

太陽光発電システムの保証は住宅に設置すれば黙っていても付帯しているだろうと思いがちですが、これは違います。
こちらから、施工会社を通じてメーカーに申請して初めて保証が受けられるので、忘れないで申請しましょう。
ただ、京セラだけは、自動的に保証が付帯する制度になっています。
それ以外の太陽光発電普及拡大センターが受け付けている国の補助金の申請や、具体的な太陽光発電の導入レポートなどは、ネット検索で、太陽光発電を検索してみれば出てきますので活用してみましょう。