太陽光発電は助成を活用して投資費用を軽減しよう。

太陽光発電 助成が行われるのは、温室効果ガスの影響を小さくし低炭素社会を造るのが目的です。そこで太陽光発電を導入した家庭に対して一定の金額を補助しますが、どの程度お得になるのでしょうか?

太陽光発電の助成の種類

高まる地球温暖化防止に伴う二酸化炭素削減を目的とした環境エコシステム太陽光発電を補助する為に助成は開始されました。
助成金には大きく分けて2種類あり、一つは国による助成金、もう一つは地方自治体による補助金です。
因みに、助成金の正式名称は、「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」と呼ばれています。
平成25年度からは、システム価格に応じて助成金の単価が2段階に分かれ、1KW辺りで20000円又は15000円の助成が受けられます。
ただ、1KW辺りの価格が50万円以上の場合には申請しても助成金交付を受けられなくなるので注意が必要です。

太陽光発電 助成で地方公共団体の助成金を活用するには?

地方公共団体の助成金は、国とは異なり、導入している地域も導入していない地域も存在します。
地方公共団体とは県と市区町村で2種類に分かれていますが、すでに打ち切られた地域もあるので、それを確認する必要があります。
確認するには、ネット環境がある方であれば太陽光発電助成金で検索すればお住まいの地方公共団体の助成金の有無は確認できます。

太陽光発電の助成で具体的には、どれ位貰えるの?

では、太陽光発電の助成金は具体的には、設置してどの位、もらえるのでしょうか?
実際に福島県のエリア、いわき市で3・5KWのソーラー発電システムを住宅に導入したケースを例にして考えてみます。
まずは、導入した太陽光発電システムが1KW50万円だった場合で見てみましょう。
国の補助金が1KW辺りで20000円、次に福島県の補助金が1KW辺り35000円、いわき市の補助金が1KW辺りで10000円で、これらを3・5KWで掛けますと、227,500円が助成されます。
導入費用が、175万円とすると、22万円ですから、10%以上の価格が助成で賄えるという計算になりますね。

太陽光発電 助成に打ち切りの可能性もある?

「助成金が貰えるのなら、もう少し考えてから、、」と思いがちですが、これに対しては注意が必要です。
というのも、国の助成金は、予め予算が決定していますので、予算が達成されるのに従い、打ち切られてしまう可能性もあります。
ですから、太陽光発電を導入さえすれば、国の補助金は間違いなく貰えるとはかならずしも言えません。
導入するならば、なるべく早く決断した方が、助成金の恩恵を受けやすいとは言えます。
地方公共団体の助成に関して詳しく知りたい方は、ネット検索でPDFファイルをダウンロードして見るのもいいでしょう。