太陽光発電の取り付け新技術

固定する為、垂木に穴を開けて金具を入れネジで固定します。しかし、年月が過ぎるとこの金具が取れてしまい屋根に穴が開く原因にもなります。これが雨漏りの原因にもなりますが、最近は、これをカバーする技術が出てきています。

太陽光発電の取り付け、どうして雨漏りが起きるのか?

太陽光発電システムを導入設置する上で、避けて通れないのが、屋根の雨漏りです。
もちろん、正規の施工技術を取得した業者ならば、数年程度で雨漏りが出てしまうような下手な取り付けはしません。
しかし、太陽光パネルを固定している金具は老朽化によって隙間が出てくる可能性があります。
そうなると、長い年月で見ると、雨漏りのリスクは高くなってしまうのです。
雨漏りは広範囲の天井を腐食させてしまいます。それでは環境に優しいも売電利益も吹っ飛んでしまいますよね。

太陽光発電 取り付け、雨漏り解消方法とは?

こうした雨漏りの危険を事前に回避する方法はあります。それがセキノ興産が提唱しているオリジナルの技術「キャッチ工法」です。
この方法だと、そもそも屋根に穴を開ける必要がありませんので、太陽光発電を設置する事による雨漏りは決して発生しません。

太陽光発電の取り付け、キャッチ工法種類

セキノ興産のオリジナル技術「キャッチ工法」には、お客様の屋根に応じて5種類の方法があります。
詳しくは、セキノ興産のホームページを見て頂くとして、その種類を上げておきましょう。
①快横兼用キャッチ工法、②ATキャッチ工法、③瓦棒キャッチ工法、④縦葺きキャッチ工法、⑤折板SVキャッチ工法。
このように複数の工法を用意しているので、どのような屋根でも対応可能なのです。

太陽光発電 取り付け、屋根診断

太陽光発電は取り付け前に経済的なメリットなどを検討しますが、取り付け工法もよく考える必要があります。
お客様の住宅に雨漏りという最悪の事態をもたらさない為に、セキノ興産では、必ず屋根診断を行った上で屋根や電気配線の形状を確認致します。
具体的には、セキノ興産の社員がご自宅にお伺いし、屋根の状態を調査して、ベストの工法を考案するのです。

太陽光発電の取り付け、屋根診断のメリット

屋根診断には、大きく分けて2つのメリットがあります、第一には、ユーザー様の屋根でキャッチ工法が可能かどうかの確認です。
そして、第二には、詳細な屋根の形状と面積を確認する事で、施工工事の際の誤差を修正するという事です。
事前の見積もりでは分からなかった費用などを屋根診断で確認して、より精密な見積もりを出します。
これにより、工事の途中に追加料金が発生するなどのトラブルを回避できるのです。