太陽光発電の変換効率体験

太陽光発電 変換効率とは、簡単に言えば、一枚の枚数から、どれだけの電気を造れるか?という目安になる基準です、幾ら安くてもパネル一枚の変換効率が低いと発電量が上がらず、価格は高くなります。

太陽光発電の変換効率太陽光発電導入以前の朝

宮崎県在住のN岡です、東芝の太陽光発電を導入する前の私の生活といったら、それは冴えないものでした。
まず朝、子供4名の中で2名は女子高生と女子中学生ですから、起きると同時に直ぐお風呂です。
ウチはオール電化なので、お風呂も電力なのですが、二人が交互に入るので電気代も馬鹿になりません。
「いっそ二人同時に入れ!」と言ったら変態呼ばわりされました。

太陽光発電 変換効率、太陽光発電導入以前の昼間

自宅には妻だけで、私と子供達は、学校と職場で居ませんが、妻は綺麗好きで毎日掃除機を掛けています。
下の2名は、男の子ですが、サッカーと少年野球の部活で毎日泥んこで、洗濯機はフル回転です。
ここでもかなり電気代が掛かっていますが、頑張っている妻に洗濯機回さないでとは言えないですよねぇ、、

太陽光発電の変換効率、太陽光発電導入以前の夜

夜には、静かだった我が家は一気に騒がしくなります。
子供達4名の風呂、夕食後の大量の食器洗い、二階は3部屋なんですが、それぞれの部屋にはテレビ、クーラーがあるので、別途で電気代が掛かります。
トータルすると、月の電気量は、3万5千円、子供達には節電を言っているんですがなかなか効果はありません。

太陽光発電 変換効率、太陽光発電導入後、朝

これでは、貯金を切り崩す事になると思った私は、一大決心で東芝のソーラーパネルを屋根に設置しました。
流石は、変換効率20.1%の大発電力、太陽が上がると同時に、屋根の太陽電池モジュールは稼動を開始します。
朝のバタバタを見ていても、何と、発電している電力でエネルギーをまかなっているのです。

太陽光発電の変換効率、太陽光発電導入後、昼

昼は、東芝のソーラーパネルの本領発揮です、太陽が真上に近づくにつれて、どんどん発電力が上昇していきます。
まさにガンガンという感じで、電力は溢れだして、売電モードがスタートします。
妻が洗濯機を回しても、掃除機を掛けまくっても、ぜんぜん、衰えません、さすが単結晶シリコン電池です。

太陽光発電 変換効率、太陽光発電導入後、夜

日没後は、ソーラーパネルの発電は停止します、しかし、月で売電利益は8000円、電気代は夜だけで2万円まで低下しました。
東芝のソーラーパネルを入れたのは我が家に取っては大正解でした、やっぱり発電力の高さは魅力です。