太陽光発電の架台の色々

太陽光発電 架台とは、屋根にソーラーパネルを載せる場合に必要になる傾斜角を最適に保つ為の器具です。
この取付けを必要としない屋根もありますが、多くの場合には必要になります、その性質を見ていきましょう。

太陽光発電の架台は重要なのか?

太陽光発電はシステムと言われている位ですから、複数のパーツによって製造されています。
ですから、ソーラーパネルを載せる基礎の働きをしている架台も重要なシステムの一つなのです。
それでも、パイプめっきの架台なんか、なんでもいいんじゃない?という意識になりがちではないでしょうか?

太陽光発電 架台はソーラーパネルの寿命を左右する

しかし、架台は、そのようなどうでも良いような部品ではありません。
屋根の上は、風や雨、雪というような自然現象に常にさらされ続けます。
そうして、20~30年間も、縁の下の力持ちとして、ソーラーパネルの発電をバックアップし続けるのです。
もし、架台のボルトが一本でも緩もうものなら、そこから重大な事故が起きるかも知れません。
適当に選択しても構わないような、どうでもいい部品ではないのです。

太陽光発電の架台の素材

架台の素材は、様々です、鋼板やステンレスを使用して、角度を付ける部分には、パイプが使用されています。
塩害を防ぐ為に、ボルトはステンレス製になっている他に、全体には二種類の腐食防止用のめっきが使われている場合もあります。
たかが架台とは思わず、架台も信頼と実績のあるメーカーの商品を選択するのをオススメします。

太陽光発電 架台の現状

2011年度の太陽光発電システム設置架台市場規模は452億円にまで上昇しています。
これは2009年度から急上昇したソーラーパネルの設置に合わせて、拡大傾向にあります。
それと同時に架台に求められるキーワードも出てきています。
無造作に架台を選ぶのではなく、そのメリット、デメリットを把握して選択するのが結果としてソーラーパネルの寿命を伸ばします。

太陽光発電の架台に求められる事

架台の設置には、従来、ボルト固定の為に屋根に穴を開ける事も多かったのですが、雨漏りなどのトラブルの原因になりました。
そこで、現在は、部品点数削減、施工性の向上、そして屋根に穴を開けないという事が求められています。
実際に、屋根に穴を開けない特殊な金具や、穴を開けてもすき間を埋めるような特殊接着剤も開発されています。
これから、架台を屋根に導入するという方には参考になるのではないかと思います。