太陽光発電は発電効率を考えるのが成功の決め手!

太陽光発電 発電効率は太陽光発電システムを考える上で極めて重要です。では、発電効率とは具体的には、何を示しているのでしょうか? 疑問を感じた方は、この記事を読めば謎が氷解しますよ。

太陽光発電の発電効率とは何の事?

太陽光発電システムを考える場合に、常に問題になるのが発電効率という値だと思います。
では、具体的に発電効率とは、どういうものなのでしょうか?
発電効率とは、ソーラーパネルにおいて、太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換した時の変換割合の事を意味します。
ですから、発電効率が高いもの程、より効果的に電気を作る事が出来るという事になります。

太陽光発電 発電効率の公式

発電効率は面積1c㎡の太陽電池に対して光エネルギーが当たった場合の最大電力が発電効率になり、式では以下のようになります。
発電効率=出力電気エネルギー(W)÷太陽光エネルギー(W)×100
以上の計算式になり、100Wの光エネルギーが当たった場合に10Wの電力が得られた場合の発電効率は10%になります。
因みに1枚のセルに対するものを「セル効率」、太陽電池モジュール単位に対するものを「モジュール効率」という値で呼んでいます。
セル効率は太陽光発電システムの種類によって、当然異なっていますが、おおよそ、10~20%程度になっています。
ですから、ソーラーパネルは屋根面積が広ければ、沢山並べられますし、大きな発電力を産み出せます。

太陽光発電の発電効率は天候によっても変わる

発電効率は、常に一定であるわけではありません、天候の影響を大きく受けます。一番発電効率を低下させるのは、日陰です。
太陽光セルは、光によって発電しますから、屋根の日照量が低下すると発電力が落ちてしまいます。
次に、発電効率を低下させるのは熱です。太陽電池は、気温25℃以上になると段々と発電効率が低下してしまうのです。
日本の場合は、太平洋エリアか日本海エリアかで、日照時間が変わってきます。自宅は、どのエリアに位置するかも調べておきましょう。

太陽光発電 発電効率は素材によっても大きく変わる

太陽光発電の発電効率は、素材によっても大きく変わります。現在、最大の発電効率を持っているのは、単結晶シリコンと呼ばれる太陽電池モジュールです。
現在、大発電力を誇っている東芝や、パナソニック、三菱電機のような大手メーカーの太陽光パネルは、全て単結晶シリコンです。
それに次ぐのが多結晶シリコンで、価格はやや低下しますが、同時に発電効率も低下します。
最後には、化合物系と呼ばれる太陽電池があります。一番有名なのは、ソーラーフロンティア社開発のCIS薄膜太陽電池です。
CIS太陽電池は、発電効率が15%以下になる場合もありますが、シリコン系と異なり熱や陰にも強いという特性があります。

太陽光発電の発電効率の保証面

ソーラーパネルの性能ばかりではなく、保証の充実も必要な要素です。
多くの場合、保証は有償と無償に分かれていて、ソーラーパネルは10年~20年、パワコンは10年間の保証期間になっています。
ただ、有償の保証を選択すると定期的にシステムを点検してくれたり、自然災害にも対応するなどの保証の幅が増えます。
どのメーカーもお客様の心を掴もうと、色々考えているので、チェックしてみると面白いです。