太陽光発電 発電量 見積もり 大きく発電するなら大容量ソーラー!

太陽光発電の発電量で見積もりは、何と言っても、発電量の大きい太陽光モジュールを選ぶ必要があります。複数あるソーラーカンパニ―の中から、これ!という大発電量のメーカーを紹介しましょう。

太陽光発電の発電量の見積もりで「省エネから利益を産み出す」への転換!

太陽光発電が、ここまで日本で普及した理由には、電力メーカーと一般家庭が売電契約を結べるようになった事が大きいでしょう。
売電契約とは、太陽光発電で自家発電した電力の中の余剰電力を電力会社に売却できる契約です。
設置した太陽光パネルの発電量や立地条件にもよりますが、年間では10万円以上の利益を上げるのも難しくありません。
これなら補助金を差し引きした設備投資費用が100万円前後なら10年間では投資金額が回収できるからです。
これまで、家電と言えば省エネが精々でした、いかに電気代が掛からないか?です。
しかし、太陽光発電は、いかに利益を産み出すかに重点が置かれたのです。導入件数が急増したのも必然だと言えるでしょう。

太陽光発電 発電量 見積もり メーカー発電量比較?

出来るだけ、多く発電量を稼ぎ売電利益を上げるならば、発電力が高い太陽光パネルの見積もりを取ればいいという事になります。
では、現在、一番発電量が高い太陽光発電メーカーはどこなのでしょうか?ダントツで1位なのは東芝のSPR-250NE-WHT-Jです。
出力は、一番出力が高くなる単結晶シリコンで、250w、発電効率は20.1%を実現しています。
東芝の発電効率20.1は世界最高ですので、設置できれば抜群の発電量を実現できるでしょう。

太陽光発電の発電量の見積もりは発電量ばかりではない?

しかし、東芝の太陽光発電システムは、補助金を差し引いても、設備投資に200万円以上も掛かります。
一度設置してしまえば、その発電量で投資回収は早いと思いますが、資金面で余裕がない場合には先行投資で200万円は大変です。
仮に発電量が低くても、初期投資が低い太陽光発電ならば、結果として費用回収が早くすむという場合もあります。

太陽光発電 発電量 見積もりでは、次世代太陽電池モジュールも押さえて!

先行投資を低く抑えた見積もりを考えている方には、ソーラーフロンティアの太陽光発電システムもあります。ソーラーフロンティアが採用している太陽電池は、CIS太陽電池といいシリコンとは違う化合物系のモジュールです。ソーラーフロンティアの太陽電池SF165-Sは、165W発電効率は13.4%とシリコン系に比較すると見劣りします。ですが、シリコンは現在、多くの電子部品に使用されている事で価格も高騰しています。

しかし、CIS太陽電池ならば、シリコン不使用なので、価格を廉価で抑えられる見積もりが出せるのです。
それに、CIS太陽電池は、日陰に強いというメリットと熱に強いというメリットがあります。
シリコン系太陽電池は、夏場には発電量が落ちますし、日陰での発電力も落ちるという弱点があります。

ですから、1年間でのトータル発電量ならば、CIS太陽電池は結晶系のシリコン電池の実発電量とは変わらないという説もあります。
CIS太陽電池は、まだ発展途上であり、今後の開発次第では、安価で発電量もシリコン系太陽電池に匹敵するかも知れません。
太陽光発電、発電量で見積もりを取るならば、発電量ばかりでなく様々な面を考慮する必要があります。
発電量でも価格面でも調べるならば、下記の無料一括サイトが便利ですよ!