太陽光発電の耐用年数を伸ばす工夫とは?

太陽光発電 耐用年数は以前はメンテナンスフリーと呼ばれて、導入すれば、点検要らずと言われてきました。しかし、日本のような高温・多湿の気候では機器の不具合は起きやすい傾向にあります。そのような場合に、何を備えればいいのか?を知りたいなら、下記の記事を是非ご覧ください。

太陽光発電の耐用年数の秘密、実はメンテナンスフリーではない?

香川県在住のIと申します、私が太陽光発電を導入したのは、もう10年も前です。
当時から、太陽光発電は、一度設置すれば、メンテナンス要らずと言われていました。
太陽光発電システムは高価ですから、設置すれば、後は、元を取るだけというイメージになるのは無理もないでしょう。
以前の太陽光発電システムのイメージは、そのようなものでしたが実際には故障知らずというのは神話なのだそうです。
独立行政法人、産総研の調査によるデータなのですが、一番故障が少ないとされている太陽電池モジュールでも、住宅設置5年間以内で30%に故障が見つかっているという事です。
30%はかなり高い数値ですから、ソーラー発電=メンテナンスフリーのイメージは修正を余儀なくされそうです。
実際、我が家のソーラーパネルも10年で不具合が発見されました。そこで、太陽光発電の本当の所を少し調べてみましょう。

太陽光発電 耐用年数 電池モジュールの寿命

実際の所、メーカーが規定している太陽光発電システムの寿命は、システムの核である太陽電池モジュールが20~25年程度です。
そして、パワーコンディショナは、10~15年程度であるとされています。
こうして見ると、メーカーが出している見積もりの保証期間と大体同じ位の間、理論上、太陽光発電システムは持つという事になります。
ただ、減価償却はあくまでも簿記上の事ですから、順調に20~25年で寿命を迎えるとは限りません。

太陽光発電の耐用年数の注意 パワーコンディショナの寿命!

太陽電池モジュールに比較すると、パワーコンディショナの耐用年数が低めに設定されているのに、気付かれたかと思います。
実は、パワーコンディショナの保証は、少し前までは、1年間など、極端に短いものでした。
その理由としては、パワコンは、絶えず動いているので、劣化が激しく、電池モジュールと比較しても故障が多かったのです。
しかし、その後、パワコンの保証期間は延長されて、10年保証も普通になってきてはいますが太陽光パネル並の保証期間は与えられていないというのが現実です。
10年間は保証があるとしても、10年間では、売電による設備投資費用を完全に回収できていない可能性もあります。
なので、10年経過後に故障した場合は自腹修理の可能性も考える必要があります。
パワコン買い換えの費用である30万円は予備費といて置いておくのが安全であると言えるでしょう。

太陽光発電 耐用年数を伸ばすなら定期的なメンテナンスを保証に組み込む

太陽光発電システムの寿命を伸ばすには、定期的なメンテナンスが欠かせないでしょう。
大きな故障も小さな不具合の間に修理すれば、寿命を延ばすのに効果的であると言えます。
例えば、京セラは有料ながら1年目、4年目、8年目に技術者が屋根のソーラーパネルの保守点検をしてくれるサービスがあります。
このような有料メンテナンスを組み込む事で、故障のリスクを減らすメリットが得られるでしょう。
私が太陽光発電を導入した頃と違い、今は売電の利益も出ますから、有償の保証を組み込むのも必要ではないでしょうか?