太陽光発電の見積もりをソフトで手軽に計算できるの?

太陽光発電 見積もり ソフトウェアとは、ご自宅のパソコンにインストールする事で使用できます。どのようなシステムで、簡易な見積もりサイトとは、どう違うのか?詳しくは記事をご覧ください。

太陽光発電の見積もりのソフトとサイトの無料見積もりはどう違うの?

お答えします。太陽光発電システムの見積もりは、ネット検索してしまえば、太陽光発電見積り無料一括サイトで、幾らでも出せます。
しかし、これは、あくまでも簡易的な見積もりですし、出せるデータは太陽光発電に関する事だけに限定されてしまいます。
これでは、長期的な太陽光発電を導入する事で節約される電気代の長期の計画や、売電によって得られる利益の計算までは出来ないという所が限界でした。
そこで有料ながら太陽光発電導入によるローンの返済や、発電量、売電価格といったようなデータを簡単な操作で弾き出せる、太陽光発電見積もりソフトが販売されています。

太陽光発電 見積もり ソフトは、どこで発売されているの?

それは、ITメーカー、アルティメイトプロジェクト株式会社の商品で太陽光発電設備見積もりパッケージ「ES(エス)」です。
こちらは、パソコン一台からでもダウンロードできますし、モバイルプリンタを使用すれば、その場で図面も見積もり書も発行できます。

「そんな事を言っても、実際は、面倒な入力が沢山存在するんでしょう?」そう思われている方もいるでしょうが、そうではありません。

入力は、ウィザード方式と呼ばれる、枠内に必要な事を入力するだけの方式、所定の事を入力すれば、それでOKです。
単純に太陽光発電を入れたらどうなるか?というだけではなく、それによって変化する住宅の家計の内容までが細かく把握できます。
もちろん、屋根の状態や太陽光発電メーカー毎の発電量の違いなどもページをめくるように確認できて、よりリアルなシュミレーションが可能です。

太陽光発電の見積もりのソフトは、どれ位のスペックで使えるの?

お答えします。こちらの太陽光発電、見積もりソフト「ES」の動作環境は、OSがWINDOWS XP、VISTA、CPUが、Celeron Dual-Core 以上でメモリ容量は512MB以上、空きディスク容量は、1GB以上、必要ソフトは、Microsoft office Excel2000以降になっています。

サーバーとしてのスペックは、OSがMicrosoftWINDOWS2003Server以降で、データベースは、Microsoft SQL Server2005以降です。
上記の機能を整えていて今後の事を考えて、しっかりした計算ソフトを購入したいという方には、最適なソフトかも知れませんね。