太陽光発電の見積もりの例には、どんなモノがあるの?

太陽光発電 見積もり 例を見れば、自分が太陽光発電を導入する場合に、どの程度の費用が掛かるかが分かります。いわゆる「ぼったくり業者」を防ぐ為にも、下記の記事を参考にしましょう。

太陽光発電の見積もりの例には、何が費用になるの?

お答えします。太陽光発電の設置には複数の費用が掛かります。それは、後述するとして、まずは、太陽光電池モジュールの価格の上限がどれ位であるかを知る必要があります。
太陽光電池モジュールには、国が補助金を出す上での上限が定められていて、それは1kW辺りで50万円です。※2013年
これは、世間一般に出回っている太陽光電池モジュールの価格の上限で、これを上回る場合はそれは贅沢品という扱いになります。
実際に、1kW辺りで50万円以上の価格の太陽光電池モジュールを導入すると、国の補助金の対象外になります、注意しましょう。
また、1kW辺りで、50万円以上のメーカーの太陽光電池モジュールを勧めてくるタイプの業者は悪徳セールスの可能性があります。

太陽光発電 見積もり 例でkW数はどれくらい必要?

お答えします。一般的なタイプの住居の屋根に導入される太陽光発電システムの容量は、3~5kWです。これを下回ると、太陽光発電のメリットの売電が出来なくなるので、費用回収が難しくなります。
そこで、ここから導入する太陽光発電システムの導入費用を計算すると、150万円から250万円程度の価格になります。
その費用の内訳は、一例としては、下記のような形になります。

①太陽光ソーラーパネル1枚720,00円×設置枚数20枚で、1,440,000円、②パワーコンディショナー280,000円、③発電モニター50,000円、

④設置架台200,000円、⑤設置架台工事費100,000円、⑥太陽光発電設置工事費用320,000円、⑥電気配線工事費200,000円、⑦値引き額720,000円、合計1,870,000円。

このように見ると、太陽光電池モジュールが一番高いのは当然としても④~⑥までの施工費用の金額でも82万円も掛かっているのです。
いかに、この部分の経費を削る事が出来るかが、費用を下げる一つの目安になるのではないでしょうか?

太陽光発電の見積もりの例は、予算は187万円という事?

いいえ、上記の例は、あくまでも目安であり、3.5kWを導入すれば、総計が187万円になるという訳ではありません。
しかし、実際に、御自身が太陽光発電の価格見積もりを出すに至っては、参考になる数字ではないかと思います。
太陽光電池モジュールの値段というのは、中々下がりませんが、例えば、架台を付けなくても、屋根傾斜が充分という家庭では、架台も設置費用も要らないという事になりますので、さらに費用は下げる事が可能でしょう。
また、実際の見積もりにおいては、悪徳業者を避ける為に、無料太陽光発電一括見積もりサイトで情報収集をしましょう。