太陽光発電の見積もりの内訳は施工業者に必ず出してもらおう!

太陽光発電 見積もり 内訳を出すに当たっては、悪徳業者に引っ掛からないように気をつける必要があります。それには、幾つかの事に注意すればいいのですが、まぁ、それは記事をご覧ください。

太陽光発電の見積もりの内訳は明細のゴマカシに注意

太陽光発電の導入を検討する場合に、「業者から見積もりを出されたけど、何が何だかわからない」や「どこを見ていいのか分からない」というような声があります。
一般の家電製品と違って、太陽光発電システムは、複数のパーツから出来ているので、内訳が複雑になってしまい、安いのか?高いのか?分かりにくくなってしまうのです。
そこに付け入り、色々な理由を付けて法外な価格を吹っ掛ける施工業者が一部にいるのも事実です。
そこで、これら悪徳業者の餌食にならないように、見積もり書の内訳というものを大まかにでも把握しておきましょう。

太陽光発電 見積もり 内訳の機器費

機器費とは、ソーラーパネルや、パワーコンディショナー、接続箱、ケーブル、分電盤、売電メーターというような、太陽光発電システムを構成しているパーツの事です。
これらの内訳が個別では無く一式と書かれているなら「内訳を見せて下さい」と施工業者にキッパリと告げましょう。
内訳をしっかり把握して、パーツが他の業者に比べて高いのか安いのか比較してみれば、この価格が正当かを確認出来ます。

太陽光発電の見積もりの内訳の工事費

悪徳施工業者が、一番ゴマカシやすいのが、この工事費です。機器費の場合には、どこのメーカーも大体は同じ価格です。
しかし、工事費となると、なかなか相場というものが見極められないのが現実です。
そういう場合でも、必要とされる工事費用、例えば、架台の設置費用や、ソーラーパネルの取り付け費用、配線の接続費用、モニターの設置費用などを一つ、一つ、把握しておく必要があります。
業者によっては、さり気なく、同じ名目の費用を名前を変えて二重取りしているケースもあります。
工事費のケースでも、全てをまとめて、一式にしているケースがあります、ゴマカされないようにしましょう。
必ず内訳を見せてもらうように施工業者に言いましょう。この時に内訳を出さないようなら不正を行っている可能性が高いです。

太陽光発電 見積もり 内訳は専属代理店を利用するのも一手

悪徳業者を回避するには、ネット検索で、無料見積もりを出すのが一番です。
しかし、そうでない場合でも、例えば、特定のソーラーカンパニ―の専属代理店に施工依頼をするという方法もあります。
この場合には、なかなか激安という事にはならないかも知れませんが会社の看板があるので、あまりに法外な金額は請求しないからです。

太陽光発電の見積もりの内訳の選択肢の一つカーポート

屋根の形が複雑で、あまり発電量が望めない場合でも、カーポートの屋根にソーラーパネルを設置する方法もあります。
カーポートの面積にもよりますが、ある程度の大きさがあれば、屋根面積の不足を補い大容量の発電も可能になります。
最近は、増えている新しい、発電の形なので、関心のある方は無料見積もり一括サイトで調べてみてはいかがですか?