太陽光発電の見積もりを図面で取る事で太陽光発電スステムのイメージが明確になります。

太陽光発電 見積もり 図面で起こすと、屋根に乗せる太陽光パネルの枚数が明確になります。配線のやり方が、明瞭になるなどのメリットがありますが、それ以外にも、様々なプラスポイントが生じます。

太陽光発電 見積もり 図面の無料見積もりと現地見積もり

図面には、サイトの太陽光発電無料見積もりによる、図面と現地見積もりの図面2種類が存在しています。
無料見積もりによる図面というのは、ツールに所定の家屋の寸法を入力する事で出る数値の事です。
ただ、この数値は、非常におおまかな数値しか出せません。というのも、家は年月が経過すると歪みや傷みが生じて寸法にも狂いが生じてくるからです。
ですから、より正確な図面を必要とする場合には、現地見積もりを取る必要が生じます。

太陽光発電の見積もりの図面の一つ立面図

一口に図面と言っても、それは複数の種類があります。ここでは、その種類を紹介しましょう。
まずは、立面図があります、これは、住宅の外観を四面からとらえている図面です。
こちらで何が分かるのかと言いますと、屋根材や寸法、方角と、外壁の仕上がりなどの情報になります。
記載されている様々な情報から、設置可能な架台やメーカーを割り出せます。
立面図によっては、付随して断面図も記載されている場合があります。屋根の勾配が記載されているので日照量を知るのには便利です。

太陽光発電 見積もり 図面で平面図

平面図とは、住宅の間取りをとらえてる図面です。同時に住宅がどのような構造で建築されているのかその工法までが分かります。
これにより、屋根にどの程度のソーラーパネルを乗せられるかが分かります。
実際に屋根を計測しなくても、工法が分かり、柱や梁のサイズが分かり、壁の厚みや配置位置までが分かるので、積載量のMaxを正確に把握できるのです。
ただ、屋根面積が狭くても、大発電量の単結晶パネルを載せれば、狭さを補う事も出来ます。価格は割高ですが、補助金と予算の兼ね合いを考慮して導入を決めましょう。

太陽光発電の見積もりの図面の矩(かね)ばかり図

矩ばかり図は、建築士が閲覧すれば、住宅の本質を見抜けてしまうと言われています。
それ位に情報量が凝縮されている図面で、住宅の基礎から内装、外壁と屋根の仕様までもが記載されています。
屋根の仕様の項目には屋根の素材から下地から仕上げまだも記載されています。図面の中の図面だと言えるかも知れません。

太陽光発電 見積もり 図面仕上げの竣工図

これらの図面に加えて竣工図があれば理想です。上記の3種類の図面は、建築前の図面であるのに対して、竣工図は、工事後の図面であるからです。
図面には、このように4種類存在していて、それぞれ要素が異なるのです。

太陽光発電の見積もりで図面を送付して価格が下がるサービス

シャープの直売店であるソーラーダイレクトでは、お客様が家屋の図面を送付すると、見積もり価格を下げるというサービスがあります。
これは、例えば、セルフスタンドの感覚で、お客様を探す手間が省ける分、価格を下げられるのです。
直売店なので、シャープ製品の太陽電池モジュールを安く販売できます。関心のある方は図面を送付してみてはいかがでしょうか?