太陽光発電 見積もり 新築で太陽光発電を入れたらお得って聞いたけど?

太陽光発電の見積もりを新築で行うなら、それは、絶好のチャンスです。家を建てる段階から、太陽光発電を組み込む事で、コストを大幅にカットできるからです。詳しくは、この記事をご覧ください。

太陽光発電 見積もり 新築、どんなタイミングで導入するの?

お答えします。太陽光発電システムを入れるタイミングというのは、多くの場合には、住宅のリフォームに組み込むというケースが多いようです。
それ以外には、住宅を新築し、旧居から引越するのに合わせた太陽光発電の導入があります。
矢張り、太陽光発電は数百万円掛かる高額な買い物なので、踏ん切りには一つの切っ掛けが必要なのです。
それが住宅のリフォームや新築に合わせた太陽光発電システムの導入が多いという理由になるのです。

太陽光発電の見積もりで新築だと、どんなメリットがある?

お答え致します。ソーラー発電の導入が多い、住宅リフォームには新築と比較するとデメリットもあります、それは既存の建築物としての制約の多さです。
それに、屋根の形状に合わせて太陽光パネルを設置するとなると、どうしても枚数が制限される事にもなります。
例えば三階建ての、建築物の場合には、屋根に上る足場が不安定な場合もあります。
こうなってしまうと、太陽光パネルを設置する場合でも施工工事で大きな足場を組まなければならなくなり太陽光発電とは無関係な部分で費用が嵩んでくるという事にもなります。
しかし家屋の新築時に太陽光発電システムを設置、導入すれば、屋根の設計段階から太陽光パネルを設置でき、これにより理想の発電力が実現できるという事なのです。

太陽光発電 見積もり 新築で導入する時に注意しないといけない事って?

お答えします。太陽光発電を新築から導入するのは、非常にメリットも多いのですが、同時に注意しなければいけないポイントもあります。
それは、住宅ローンの負担が重くなるという事です。
住宅ローンの金利は低いのではありますが、太陽光発電の価格をこれに組み込むとなると数百万が加算されます。
住宅ローンは、30~35年が相場ですから、補助金を考慮にいれても、数百万円分が毎月の金利として重くのしかかって来るのです。
これは、資金を貯めた上で行う住宅リフォームとは、大きく異なるデメリットであると言えます。

太陽光発電の見積もりを新築でオール電化を合わせて行う時に気をつける事って?

お答えします。新築で太陽光発電を導入する場合には、併せてオール電化の工事を行う方もいるのではないかと思います。
ガスや石油の部分を全て電力でまかない電気代を節約する方法です。
しかし、太陽光メーカーの掲示板のクチコミによると、施工業者によってはオール電化と太陽光発電の見積もりを一緒にしてしまい、個々の価格が分からなくなってしまいます。これをよい事に高額な見積もりを請求する業者もいるのです。
家屋の新築時には、金銭感覚が分かりにくくなってしまいますが、後で発生する支払いを考慮に入れておく必要はあります。