太陽光発電の見積もりの明細をシッカリ把握しよう!

これが理解出来ていないと、安い!と思ったものが割高になり、高いと思ったものの内容が見抜けなくなります。そうなる前に、この記事で勉強しましょう。

太陽光発電の見積もりの明細は図面が命!必ず確認しよう。

太陽光発電システムを屋根に設置する時には、住宅リフォームなど大きなお金が動く場合に導入する事が比較的に多いです。
ソーラーパネルは、単体ではなく総合的な値段ですから、施行業者に悪意があった場合には価格面で様々なズルを行う事が出来ます。
それを見抜いておく事は、決定的な所で損をしない為にも絶対に必要な事です。
余程の悪徳業者で無い限りあり得ないとは思いますが、見積もりを出すのに図面も出せない業者があります。
どのようなプロの施工業者であれ図面なしに事を運べるハズもありません、図面を出さない業者は悪徳業者と断定していいでしょう。

太陽光発電 見積もり 明細は一式ではなく明細で見積もりを貰う!

これは、住宅リフォームばかりに限る事ではありませんが、不透明な価格を提示する施工業者の中には、太陽光発電の見積書を明細ではなく、一式で出す業者があります。
一式とは何かと言うと、例えば極端に言えば「太陽光発電システム100万円」という風に大きな括りで見積もりを出す事です。
これだと、太陽光発電システムの個々の製品の値段は一切分かりませんよね?
太陽光発電システムには、太陽光モジュールやパワーコンディショナ、配電盤、接続器や架台という機器もあり、人件費もあります。
これをごっちゃまぜにされてしまうと、実際の価格は分からなくなるのです!
ですから、施工業者から見積もりを取るには一式ではなく内訳で見積もりを取りましょう。
こうする事で、他の業者と比較ができ、施工業者は、安易な水増しをする事が出来なくなります。

太陽光発電の見積もりの明細はオール電化とは別見積もりで!

新築の住宅の場合には、太陽光発電と同時にオール電化のようなシステムを同時に勧められる場合もあります。
しかし、この場合でも注意しないと、オール電化と太陽光発電システム製品の費用を合算してしまう業者もいます。
このようにして、見積もりを合わせてしまうと一見、太陽光発電システムが安くなったように見えても、実は、オール電化のコストに上乗せされてしまい結果割高になる事もあるのです。
オール電化と合わせてソーラーパネルを導入する場合には、両方の明細内訳は別々に出すように施工業者に伝えましょう。

太陽光発電 見積もり 明細は値引きの種類に注意!

見積もり書の価格はそれぞれの項目に対して値引きしている場合と、それぞれの項目には定価を書いておいて、合算してから一括値引きしている場合があります。
どっちでも同じ事ですから、表示されている値引きに惑わされないようにしましょう。
同時に補助金の申請もする場合には、無料の一括見積もりサイトを参照するのが便利です、是非活用しましょう。