太陽光発電の見積書を取る前に一言!太陽光発電は家電とは違います!

太陽光発電 見積書 取る際に、太陽光発電を家電製品と混同したりしていませんか?スイッチオンでどこでも同じ性能が出る家電と太陽光発電は、全くの別物です、それは何故かをお教えしますよ!

太陽光発電 見積書 どこを注意した方がいいのか?

ご自宅の屋根に登って周囲を見渡すと、以前とは、かなり屋根の様子が異なっている事に気づくのではないでしょうか?

そう、おそらくポツポツとキラリと輝く屋根のソーラーパネルが視界に入ってくる筈です。
日本政府は、温室効果ガスの削減を目指して、太陽光発電システムの普及に尽力していて、現在一定の成果を上げています。

それは、太陽光発電による自家発電分の余りを電力会社が買い取るという余剰電力買い取り制度であったり、或いは、太陽光発電を導入した世帯に補助金を出したりという政策が効を奏しているからです。

しかし、「じゃあ、うちも・・」といって施工業者に連絡をする上では注意が必要です。見積書は賢く取らないといけません。

太陽光発電の見積書を取るならビジョンを持とう!

さて、世帯主のあなたは、ウチも地球環境に貢献しようと施工業者を呼び見積書を出してもらったとします。

そこで、あなたは、施工業者の、「どのような太陽光発電システムをお考えですか?」の言葉に戸惑う筈です。そう、実は、太陽光発電は、一様ではなく、価格重視型や、発電力重視型、もしくは、非シリコン系太陽電池と複数あるのです。
それらは、購入者であるあなたの考えと、予算金額とを相談して決めていかなければいけません。

つまり、発電力をバリバリにして、投資費用を早く回収するか、価格を抑えて、投資費用を少なくするかでも見積書は変わるのです。

太陽光発電 見積書 施工費用に注意!

全ての施工業者がそうではありませんが、施工業者によっては、ろくろく太陽光発電設置のノウハウもない業者もあります。
そして、見積書の費用の人件費やパネルを載せる架台の料金を水増しして請求して暴利を取る業者もあるのです。
このような業者に設置を任せると、まともに発電するどころか、屋根に穴をあけられて雨漏りなんていう大惨事にもなります。

それを防ぐには、見積書を取る前に、太陽光発電メーカーが発行している施工IDを提示してもらって下さい。
施工IDは、太陽光発電メーカーが認めた適正な施工技術を持つ施工業者の証です。
これを出してこないような業者は、信じるには足りません、絶対契約しないようにしましょう。

太陽光発電の見積書で損をしたくないなら、複数の見積りを取ろう!

とは、言っても、ちゃんとした見積書は、複数の施工業者に見積りを出させて比較してみない限り分かるものではありません。
従って、太陽光発電を導入するに当たっては、必ず、複数の施工業者から見積書を取り、納得のゆくまで直させましょう。
ご自分で施工業者を当たるのが面倒臭いという方は、パソコンから以下の太陽光発電無料見積りサイトを利用してみましょう。