太陽光発電の設置費用を下げる方法

太陽光発電 設置費用とは、ソーラーパネル以外に必要な設備投資の事です。
家電とは違い、太陽光発電システムには設置するというアクションが入りますから、ここで価格に差が出て来るのです。

太陽光発電の設備費用の平均は幾ら?

太陽光発電システムを導入して、毎年上がる電気代をなんとかしたいというのは、皆さんの共通の思いだと思います。
しかし、それを阻んでいるのが、太陽光発電システムの設置費用ではないでしょうか?
この設備投資費用とは、一体何を指しているのか?という疑問があると思いますので、下記に上げてみましょう。
それで見ると、設置費用に該当する項目としては、①架台の工事費、②太陽電池モジュール設置工事費、そして③電気配線工事費の3つが考えられます。
これらをトータルした金額は62万円程度にはなり、これが設備投資費用の平均であると言えますね。

太陽光発電 設備費用の内訳

これら3種類の設備費用の中のそれぞれの金額を見ていきましょう。
それによれば、一番費用が掛かるのが、太陽電池モジュール設置費用で32万円という金額になります。
そして、次が電気配線工事費で、20万円、最期が架台の設置工事費で、10万円です。
太陽光発電の設置費用を下げるには、この3種類の費用を低く抑えるのが、一番のポイントになるのです。

太陽光発電の設備費用、1KW辺りで幾らという表記に注目

ここでは、工事費用として書いていますが、実は設置費用というのは、表に出てくる事はありません。
ホームページに出て来る時には、1KW辺りで幾らという表記で出てくるからです。
ですからソーラーパネルの費用を抑えたいなら、1KWあたりの価格が低い業者を選んでみるというのもありです。

太陽光発電 設置費用、見積もりを沢山取る

太陽光発電を安く導入するのには、複数の業者にメーカー見積りを出してもらうのが一番大事です。
こんなもの、どこでも変わらないよと、斜に構えていると、数十万円の単位で、金額を損する事もあるのでこだわりましょう。
もし、見積もり後に、しつこい勧誘電話が来るのが心配と考えている方なら、現在は匿名で見積もりを出せるサービスもあります。
これなら、納得のいく見積もりを出した業者とだけ見積もり交渉出来るメリットが生まれますね。

太陽光発電の設置費用の見積もりが成功を左右

設置費用というのは、太陽光発電システム全体の32%を占めています。
ですから、ここをいかに安く上げるかで、その後の売電や節電による投資費用の回収計画にも大きな影響が出るのです。
補助金の申請と同じように、1万円でも安くという努力が、最終的な計画を楽にすると言っていいと思いますよ。