太陽光発電の買取制度は2つあります、ご存じでしたか?

太陽光発電 買取制度とは、Co2を削減し低炭素社会を実現、持続可能な再生エネルギーを普及させる目的で制定されました。
しかし、この制度には2種類存在します、それは全量買取と余剰買取です。
では、両者は、どのように異なるのでしょうか?詳しくは記事で確認して見て下さい。

太陽光発電の買取制度の余剰買取と全量買取とは?

太陽光発電の買取制度には、2種類存在します、まず、第一には太陽光発電システムで造った全ての電力を電力会社が買取る制度です。
もう1種類の余剰電力買取制度は、発電した電気をまずは生活の中で使用して、その残りの電力だけを売る事が出来ます。

太陽光発電 全量買取制度とは?

モチロン、全量買取と余剰電力買取には、大きな違いが存在します。
全量買取が適用されるのは、最低でも電力が10KW以上のソーラーパネルの導入が必要になります。
これには、700万円以上の投資資金と広い設置面積が必要なので、大きなマンションや小学校、株式会社や工場の屋上に配置されます。
その為に、産業用太陽光発電という名称で呼ばれたりもします。
こちらの全量買取のメリットは、発電量を全て売電に回す事が出来て、大きな利益を上げる事が出来るという事。
それに加えて、固定買取価格が20年間継続できるので、安定した金額を収入に当てる事が出来るメリットがあります。
ただし、自分で造った電力を自分で使用できない上、故障などが発生した場合にリスクが高いです。

太陽光発電の余剰電力買取制度とは?

一般家庭の場合には、この余剰電力買取制度が相当します。
KW数が10KW以下の場合に適用されるので、99%の世帯は、こちらに当たります。
全量買取との違いは、日中に発電した電力の中から家庭で使用する電力、大体20%を差し引いた分を売却できる制度です。
確かに、全量買取制度に比べて売電価格は低くなり、KW単価の保証期間も10年間と半分になっています。
それでも、節電に努めて行く事で一年間では10万円以上の利益が出るのでリスクは全量買取よりは低いでしょう。

太陽光発電 買取制度の元手は?

太陽光発電の買取制度の経費は、一見、電力会社か政府の補助金から調達されているように思えますが、実際は税金です。
それは太陽光発電促進賦課金という名前で、電気料金の一部として徴収されているのです。
賦課金は例外なく徴収されるので、太陽光発電を導入していない方は一方的に損をしている事になります。