太陽光発電の費用の見積もりはソーラーパネルだけ?答えはNOですよ!

太陽光発電 費用 見積もりを考えるのに太陽光モジュールばかりに目が行ってはいませんか?実は、太陽光発電の費用は、太陽光モジュールばかりではありません、後で後悔する前に予備知識を仕入れておきましょう。

太陽光発電の費用の見積もりはソーラーパネルばかりではない

皆さん!太陽光発電というと何を思い浮かべますか、まず第一には、屋根で輝くソーラーパネルですよね?
では、それ以外には何がありますか? え?それ以外にもあるのかって・・ありますとも!!
太陽光発電は、太陽光発電システムとも言いますよね?システムは日本語で「組織」の事なんですよ。
会社の組織にだって人事課もあれば営業課もあり、クレーム処理掛かりもあります太陽光発電も同じなんです。
太陽光発電の費用を見積もりする場合には、ソーラーパネル以外の部品も考えないといけません。

太陽光発電 費用 見積もり ソーラーパネル以外の部品

太陽光発電の費用の見積もりを取る場合には、全ての費用がコミコミであるかどうかを確認しなければいけません。ソーラーパネル以外の部品には、パワーコンディショナーがあり、接続箱があり、分電盤があり、屋根に設置する場合には、架台を設置する必要もあれば、施工費用も存在します。
見積もりを見て安い!と思っても、それが太陽光電池モジュールのみの値段だったら結果として高くなる場合もあります。
そのような罠?に陥らない為にも、費用見積もりは全てコミコミであるかどうかを確認しましょう。

太陽光発電の費用の見積もりは結構重要なパワーコンディショナーに注目

これらの太陽光発電 費用 見積もりでも大事なのがパワーコンディショナーです。
パワーコンディショナーは価格も20~30万円する高価な部品ですが、このパワコンなしには、そもそも太陽光発電は機能しません。
太陽光発電で造られた電力は最初は直流電流で、これを家庭で使用可能にするには、パワコンで交流電流に変換する必要があります。
おまけに、余剰電力を逆潮流を使って電力会社に売るのも、パワコンを介さなければ不可能なのです。

太陽光発電 費用 見積もりでは同時に保証期間短いパワーコンディショナーに注意!

このように重要なパワーコンディショナーは激務の為か、耐用年数が太陽光電池モジュールより短い傾向があります。
保証期間も10年間のものが多いので、10年経過してから故障すると自費で修理する羽目になります。
必要経費として、20~30万円は用意しておかないと困る事になるかも知れません、今から積み立てておきましょう。
パワコンについて知りたければ、下記のURLから、無料見積もり一括サイトを利用するのも便利ですよ。