太陽光発電の費用対効果を検証する方法

太陽光発電 費用とは、費用対効果という概念です。例えば、100億円の利益を産み出すシステムでも、費用が101億円掛かるなら、10年では10億円の赤字です。では、太陽光発電では、それはどうなるのか?お教えしましょう。

太陽光発電の費用対効果の費用

皆様、こんにちは、太陽光発電の費用対効果を考える研究所のMと言います。
太陽光発電で利益を産み出すとは、簡単に言えば、費用が利益を下回るという事です。これを損ねるとなーんも意味を成しません。
では、太陽光発電における費用とは、何でしょうか?それは太陽光発電の設置費用+太陽光発電のメンテナンス費用です。
メンテナンス費用というのは、パワーコンディショナのような保証が短い部品の修理費用の事です。

太陽光発電 費用対効果の効果

一方の効果とは利益の事です、これは、光熱費の節約+売電(余剰電力の売却)という事になります。
思いっきり、図式を簡略化しますと、太陽光発電設置で利益を得る為の公式というのは、
(光熱費の節約+売電)-(太陽光発電の設置費用+太陽光発電メンテナンス費用)という事です。
ここでプラスが大きいならば、あなたの太陽光発電設置は成功、逆なら失敗という事になりますね。

太陽光発電の費用対効果、確実な部分

上の計算に加えて、売電価格の推移も利益には影響しますが、流動的ですから、ここでは置いておきます。
公式に置いては確実なのは、保証の部分で、どのメーカーでもソーラーパネル、パワーコンディショナは10年保証だと言う事です。
なので、確実に分かる費用対効果としては(年間光熱費節約額+年間売電収入)×10-(設置費用+メンテナンス費用)です。
×10は10年間ですので、家庭の節電意識によっても結果は変化していきます。
例えば光熱費節約が年間3万円、売電収入が年間20万円、設置価格が200万円、メンテナンス費用が30万円掛かれば費用対効果は、ゼロという計算が弾きだされます。
こうして見ると、太陽光発電は、足し算というより費用を削る引き算という事が言えますねぇ。

太陽光発電 費用対効果、削れる所を削ろう

上の計算式は目安に過ぎないので、例えば安価な太陽電池モジュールを選んだり、設備費用を勉強してくれる業者に見積りを出せば、価格は大きく変化してくると思います。
また、ここでは書いていませんが、太陽光発電の補助金を活用する事でもプラス面は増加します。
県や市区町村でも補助金を出している自治体もありますので、広報のお知らせに目を通したり、直接問い合わせて見ましょう。
皆様が、少しでも良き条件で太陽光発電を屋根に導入するのを、お祈り致します。