太陽光発電を長州産業で見積もりなら自社一貫製造に注目しましょう。

太陽光発電 長州産業 見積もりならシリコンインゴットからの一貫した自社製造に注目して下さい。ソーラーパネル部品に外注が多いと故障対応は遅れます。地方にあって知名度が弱い長州産業ですが、その力は侮れませんよ!

太陽光発電を長州産業で見積もりはhitに近い発電効率のソーラーパネルが売り

長州産業は、1980年に住宅関連部品の製造と販売で創業した老舗の企業です。
太陽光発電システムでは、三洋電機のhitをOMEで製造していましたが、サンヨーがパナソニックに吸収合併された事で、hitシリーズが扱えなくなりました。
しかし、長州産業は、そこで企業をたたむ事なくサンヨーのhitシリーズを製造していたノウハウをベースに自社製の単結晶シリコン電池を開発しています。
基本的にその性能は、パナソニックのhitシリーズと殆ど差がありません、無名だから発電量は低いだろうという事はないのです。
住宅用のみならず産業用ソーラーパネルも扱っていますので関心がある経営者の方はホームページをのぞいてみませんか?

太陽光発電 長州産業 見積もり価格が安いというメリット

長州産業の太陽光電池モジュールは、有名メーカーではないという事もあり、施工業者の価格面でも安価です。
元は、サンヨーのHITシリーズを製作し、単結晶シリコンの電池モジュールを使用しながら、省エネットのようなショップではその単価は1KWあたりで、42万円です。
これは、単結晶パネルの一般の1KW相場の52万円に比較し10万円も安い価格で、設置工事するならオススメできます。

太陽光発電を長州産業で見積もりの安さにはワケがある!

長州産業の太陽光電池モジュールが安いのは、シリコンインゴットの鋳造から、全ての部品を一貫して自社製品で賄っている点が大きいと言えるでしょう。
頼みの綱だった、サンヨーとのOME契約を解消された事に関する教訓なのかは分かりませんが全てを自社で製造しているという強みは、修理や故障のようなアフターケアにも強みがあり、コストパフォーマンスも高くなります。

太陽光発電 長州産業 見積もりするならユニークな保証にも注目!

太陽光発電を導入する上で、意外なトラブルになるのは、屋根の雨漏りです。
これは、ソーラーパネルを取り付ける際に屋根に穴を空けるからですが、この雨漏り保証は、なかなかありません。
しかし長州産業は、通常の太陽光発電システムの10年保証に加えて、施工を原因とする雨漏りも保証しています。
太陽光発電システムを導入したからと言って必ず、雨漏りの被害が出るわけではありませんが、万が一の場合に備えて、雨漏りの保証を利用するというのは、お客様としては安心のサービスであると言えるのではないでしょうか?

太陽光発電は長州産業で見積もりし施工業者に聞いてみよう。

長州産業は、あまりメジャーではないので、セールスでも、そんなに薦められないかも知れません。
しかし、価格が安く、高い発電効率というのは、魅力なので、逆にセールスに質問してみるのもいいかも知れません。
もし、長州産業を知らないようなら、そんなに詳しいセールスではないので、対応も考えて見るべきです。