太陽光発電 hit 見積もり パナソニックの熱に強いソーラーパネル

太陽光発電のhitで見積もりを考えている方はいらっしゃいませんか?hitはパナソニックの太陽光モジュールです。これまでの太陽光発電の弱点を克服した評判の高い太陽光発電システムですのでその性能について紹介致しましょう。

太陽光発電 hit 見積もりならパナソニックの大容量太陽光パネル

パナソニックと言えば、発電力において、東芝に次ぐ2位の地位をキープしている太陽光発電業界の実力派です。そのパナソニックを有名にしたのはhitシリーズだと断言していいでしょう。
元々は、太陽光発電の大手、三洋電機の主力商品だったhitシリーズは2008年に同社がパナソニックの子会社になることで、パナソニックの主力商品になりました。
太陽子発電の見積もりを出すなら大容量発電のパナソニックのhitシリーズはお薦めなのです。

太陽光発電のhitを見積もりは熱に強いアモルファス技術で決まり!

パナソニックのhitシリーズには、アモルファスシリコンの技術が使われています。
アモルファスとは、「不規則」という意味ですが、通常の結晶系シリコンに較べて熱に強いという長所を持っています。

それを聞くと疑問に思われる方もいるのではないでしょうか?

「太陽光発電システムが熱に強いのは当たり前じゃないか?」一見そう見えるでしょう、でもそれはオオマチガイなのです!

太陽光発電 hit 見積もり 本当は真夏に発電力が低下する結晶系シリコン

実は、太陽光電池モジュールは、何よりも熱に弱いのです、特に真夏の屋根は50度にも達する靴も溶けそうな高温です。
この猛暑の中では結晶系シリコンの太陽光電池は、急激に発電力を低下させてしまうのです。
太陽光発電システムというと、真夏の一番熱い時期に一番発電出来そうなイメージがあるでしょう?
でも本当は反対で、太陽光発電が最大で発電できる時期は、ずばり真冬の2月だったりするのです。
それに、太陽光発電は光を受けて発電するので熱は関係ないのです実は沖縄より北海道のほうが年間の発電量が多かったりします。

太陽光発電のhitの見積もりは結晶系の弱点を克服したアモルファス電池で決まり!

これは、東芝のような大容量の単結晶シリコンでも例外ではありません。
この真夏に弱いという太陽光モジュールの特性は1年間では、全体発電量の20%程度をロスしてしまうとも言われています。
そこで開発されたのがパナソニックのhitシリーズなのです。
hitシリーズでも真夏には、発電量がダウンするのですが、それでもエネルギーロスは10%に抑えられると言われています。
東芝の太陽光パネルとでは、熱変換効率と発電量で負けているパナソニックhitですが、
このアモルファス技術により、1年全体の発電量では決して東芝に引けを取らないと言えるでしょう。
ただ、パナソニックは見積もり価格では、高めになるので、予算は200万円以上を覚悟しなければいけませんね。