東京都の太陽光発電について

東京都 太陽光発電、日本の中心である東京都では、太陽光発電についても、一番先進的な取り組みがされています。
東京は夏場、ヒートアイランド現象で暑くなりすぎるキライはありますが、それを除けば立地条件としても悪い土地ではありません。

東京都の太陽光発電、立地条件

東京都は、太平洋側に面している事もあり、日照時間は全国平均を維持しています。
その為に太陽光発電システムを設置しても充分な発電量が見込めるといっていいでしょう。
一括払いでソーラーパネルを設置できるなら、設置しない手はない、と公言する人がいる位なのです。
ただ、東京は、真夏は猛暑日になる事が非常に多く、熱に強い太陽電池モジュールを導入できれば、その弱点がカバー出来るでしょう。
CIS電池のようなシリコン系ではない、耐熱性の強いソーラーパネルの導入も一つの方法と言えるかも知れません。

東京都 太陽光発電の補助金の大きさ

東京都における補助金は非常に大きかったのですが、平成25年からは状況が変化しました。
これまで、最大で100万円の補助金を出していた東京都が補助金を打ち切りしてしまったのです。
ですが、国の補助金と、各市町村でもらえる補助金を合わせていくと高額な太陽光発電システムの負担がかなり軽減されます。
例えば、港区では1KWあたりで20万円、上限で60万円の補助金を受け取る事が出来ます。
上手く活用できれば、導入金額の3分1程度を補助金で埋める事も可能になりますから、設置する側としては悪くない環境と言えます。

東京都の太陽光発電の進捗状態

補助金の大きさからも分かる通り、東京都の太陽光発電の普及率は、全国で2番目と先進地域と言っていい場所です。
毎年のように囁かれる首都直下型地震のような防災面に備える為、或いは、巨大な電力需要を軽減する為に、各自治体は積極的に動いている事が分かります。
東京都自体が膨大なco2を排出している地球温暖化の原因の一つになっているメガロポリスでもあります。
ただ、細かく見ると、設置は株式会社のような事業所が多く、住宅で見ると、世帯件数は余り高くないという事もあり今後の課題になっているようです。

東京都 太陽光発電についてのまとめ

東京都においては、他の県では類例が見られない程に、補助金制度が高額という事が特徴です。
気候や立地条件を考えても、大雪や、豪雨に見舞われる事も少ないので、太陽光発電機器を導入するメリットは高いと言えるでしょう。