静岡県 太陽光発電を導入するケース

静岡県で太陽光発電の導入を検討している方は、非常に良い選択をされていると思います。
その理由は、静岡県は日照時間が全国で5番目に長い県だからです。
それ以外にも、導入に有利な条件が整っているのですが、詳しくは本文をご覧下さい。

静岡県 太陽光発電、恵まれた立地条件

静岡県は、太平洋側に面していて、温暖な気候に恵まれた地域です。
以前は県であった100万都市、浜松市や、静岡市のようなメジャーな都市を擁しています。
静岡県は、日照時間も全国で5番目の長さであり、日照時間が発電量を左右する太陽光発電としては最適の土地柄だと言えます。
静岡県は日本一標高差をもつ県でもあり、海岸側の海洋型気候と山間部の内陸性の気候を合わせ持っています。
地域により、気候の差は激しいのですが、それが発電量に大きな影響を与える事はありません。

静岡県の太陽光発電、県を上げて導入に熱心

静岡県では、県や市町村で、補助金を出していて、太陽光発電や新エネルギーの導入に熱心です。
太陽光発電セミナーや公共施設に太陽光発電を設置するなどのPR活動にも力を入れています。
その甲斐もあり、太陽光発電の導入率は目標の値に1年間前倒しで到達し、さらなる導入率のアップに力を入れているのが現状です。

静岡県 太陽光発電、高い普及率

静岡県の太陽光発電システムの普及率は、設置件数で全国8番目に多いという値になっています。
ソーラーパネルは、基本持ち家への導入が基本なので、持ち家が多いという事もプラスに作用しています。
ここでも、温暖で日照時間の長い地域性、そして、県下を上げてのPR活動が成功していると言えるでしょう。

静岡県の太陽光発電、補助金

静岡県では、さらなる太陽光発電システムの導入の為に、平成25年の現在、補助金を用意しています。
静岡県からもらえる補助金の金額は、1KWあたりで1・5万円、上限は6万円にもなります。
また、市区町村でも、独自に補助金を設定している地域もあり、浜松市では、太陽光発電1件あたりで、5万円の補助を行っています。
予定補助件数も2500件と、かなり太っ腹に補助金を出していますので、ソーラーパネルを導入しようと考えている方は申請しましょう。

静岡県 太陽光発電のまとめ

このように、静岡県下での太陽光発電には、沢山のメリットが広がっていると言えると思います。
上手に補助金を活用して、太陽光発電を設置して、売電に繋げていければ、投資費用の回収もかなり早くなるでしょう。